A.e.SuckとMacintosh
MAC Plus

Macintosh Plus(4M/20M)

1988年の暮れ,池袋のキヤノン01ショップに行くように言われ,そこでデモされたのが Macintosh Plus との出会いだった。コンパクトにまとまったボディ,内蔵ハードディスク,サウンド,マウスで操作する GUI など,これまでのパソコンの概念をくつがえすような機械だった。なんと音声で自己紹介した。そして 翌年,最初に使い始めた Mac がこれ。しかしこの機械で仕事をすることはなく,サイドマシンとしてもっぱら息抜きに MacPaint や Illustrator 88 でラクガキしたり,Tetris にハマったりしてた。80万の機械でなんと贅沢な。漢字Talk2.0 で日本語も扱えるが,使えるアプリケーションが英語版ばっかりだったりした。でも HyperCard は気に入ってた。Apple にはまるきっかけになった。

MAC II

Macintosh II(8M/160M)

初めて仕事用として使った機械。この頃の拡張キーボードは使いやすかった。Apple 純正の 13インチのトリニトロン・カラーモニタ使用。モノクロの純正モニタをつないでミラーリングもしたり,PC-98 の RGB画像(BMP)をコンバートしたり,非 PSプリンタの CANONレーザーショットにつないじゃったり。で,DTP を突然始めたわけだけど,印刷とかデザインとか PS とか RIP も含めて白紙状態だから。2冊発売されてた DTP本を購入。あとは出力センターに質問したり相談したり。印刷知らずシロートが Mac のおかげでデザイナー,の先駆けだから苦労したのよ。以下はその顛末。池袋の DTP に夜明けをもたらしたと言われる。
1991.08.26某社の新製品の雑誌広告をMacで作ろうってことになる。会社にある唯一のこの Mac は HyperCard のスタック制作用のくせに何故か 24bit ビデオカード Vimage が入ってるため,フルカラーで作業できる。
1991.08.27PC-98 につなげてあった GT-4000 を Mac につなぎかえてラフを入力し, Illustrator1.9.3 と Studio/8 で作り始める。
1991.09.06池袋のサービスビューロ WAVE DTP Lab.にて PixelDuo でカラー出力。IPU が2書体しか積んでないから,じゅんは文字化け。
1991.09.10Mac II が起動できなくなってしまう。タクシーで池袋のキヤノン01ショップに持ってくと,Apple のサービスマンが来るまで修理は長引くとのことなので急遽 MacII fx を購入することになった。カラープリントを見た客は製品写真を入れて欲しいと言ってきた。さっそく WAVE DTP Lab. の猪股氏(現アドビシステムズ)に相談。リムーバブルポジをもらってくださいとのこと。
1991.09.13キヤノン01から MacII fx が届く。製品ポジ入稿。
1991.09.14WAVE DTP Lab.にてポジスキャンしてもらうが,フロッピーに入らないという。急遽 40M のリムーバブルHD を購入。データを持ち帰って,Photoshop 2.0 でトリミングして,QuarkXPress 2.04 でレイアウト。
1991.09.16WAVE DTP Lab. にてフィルム出力。猪股氏,意地でも出します!とプロ根性を見せてくれた。数々のトラブルに対処しながら1日がかりでやっと出たフィルムは電話番号が間違ってた!
1991.09.17データを修正して再出力しようとしたがWAVE DTP Lab. は休み!
1991.09.18WAVE DTP Lab. にてフィルム出力。
1991.09.21キヤノン01に預けてあった Mac II は誰もさわってないのに直ってたりしたので引き取った。
MAC IIfx

Macintosh IIfx (8M/120M)

Macintosh II がブートしなくなって急遽購入してもらったのがこの機械。SuperMac 社の 24bit ビデオカードを入れ,純正のカラー13インチをつなげて使用。さらに PC-98 でも使える Microline 801PS を入れ,PostScript 環境に。フォントや出力センターも少しづつ増え始め,DTP の仕事も増えてきた。

Macintosh IIfx (16M/250M)

1992年に追加で入れた fx は内蔵 HD を純正からヤノにして価格を下げ,メモリを増設。SuperMac 社の 24bit ビデオカードに BellView19インチモニタを接続。ワコムの A4 タブレット,SONYの3.5"MO ドライブ,Photoshop 用の外付けハードディスクを接続し,DTP のメインマシンとなる。さらに他の Mac と LocalTalk で LAN を組んだ。画転王や DataCap によって,PC-98 とグラフィックやテキストのやりとりもできるようになった。突然システムがダウン。ビデオカードとの相性が悪いとのことで2 度交換してみたが効果なし。結局 Nubus のホコリだった。お次はハードディスクのクラッシュ。バックアップしてない絵はパァ,ついにはロジックボードの交換となった。

PM8100

PowerMacintosh 8100/80 (80M/1000M)

1994年から使い始めた,イーサネットワーク中で唯一の PowerMac。しかも初代だ。ナナオの21インチモニタが接続されたフルカラー環境。FPU がないため,使えないソフトもあるし,68系エミュレートはめっちゃ遅い。初期ロットのロジックボード不良のためか,調子が悪いらしく,すんなり起動しない。内蔵ハードディスクのブートブロックを見つけられないようだ。何度も何度も cmd + ctrl + Power を押すとやがてシステムが起動するのだが,たまに Sad Mac も現われて楽しませてくれる。

LC630

Macintosh LC630(20M/250M)

1994年,初めて自腹で買った Mac である初代 LC630 は今までかかわった機械の中で最も安定した機械だ。スキャナ,MO,タブレット,外付ハードディスク,ビデオシステム,288Kモデム,Ethernet Card というように少しずつ拡張してきたものの, FPU をもたない 68LC040 だとか PowerPC じゃないとかが気になって完動状態でセミリタイヤ。

7600

PowerMacintosh 7600/120 (80M/1000M)

1996年からの仕事用機械。ナナオブランドとしては最後のモニタを接続。使用当初はそのスピードに驚いたのなんの!

PowerMacintosh7600/132 (80M/1000M)

630 に続く2台め Mac。最初は 630 との併用のつもりで導入したのだが,コイツのおかげで 630 は CDプレーヤーになってしまった(笑)。後に MacTel社の G3/250MHz カードを装着。Apple の JIS キーボードはキライなので,パイオニア最後の ADBキーボードを購入。メカニカルでいい感じ!

PowerMacintosh G3 DT/233 (80M/4000M)

仕事用機械。ウチにも欲しいっす。システム起動はめっちゃ速いし,Photoshop なんて速いのなんの!ただ,内蔵4GB で1パーテーションはもったいないよなぁ。

G3

PowerMacintosh G3/400/DVD yosemite (320M/6G)

自宅3台目の Mac。書籍の装丁の仕事で,3D やんなくちゃなんなくなって,1999年に急遽導入。ついでにモニタやタブレットも新調。内蔵 HDも増設。OS は 8.6 で,今なお安定している。現在は仕事用機械。7600/132 は CDプレーヤー&メール用に降格。USB なんで,パイオニアのキーボードはもう使えない。メカニカルの USキーボードをアメリカから輸入。OS は 9.1へ。SCSIカードも装着。

iBook(Marble)/500/Dual USB (256M/10G)

自宅4台目の Mac はついにモバイル用 iBook,コンボドライブ。しかも OS X。2001年,発表と同時に AppleStore で申し込み。JISキーボードなのが難。知人達が,USキーボードの署名を呼びかけてたんで参加。最終的に 2542人もの署名が集まった!Mac ユーザの熱い思いが伝わって,ついに Apple 動く。さっそく自分の iBook も USキーボードに換装!初期型のため,本体カバーごと交換。これと Favo で,どこへでもデモに行けるようになる。FutureSplash から Flash 5 までの環境を保持。

G4PowerMacintosh G4/933/QuickSilver2002 (512M/80G)

自宅5台目の Mac はその名の通り 2002年モデル。憧れの G4 はもう,めちゃくちゃ速い!そしてスーパードライブ。キャンペーンで内蔵HD がもらえた。キーボードはサードパーティー製メカニカルを調達。SCSIカードを認識するものの,メディアを認識せんのが困りもの。箱・付属品一式あり,キーボードとマウス未使用。ソフマップ持ち込みで200円と言われたが,2011年7月,ヤフオクで 2,350円で落札された。

PowerBook G4(15")(1024M/80G)

2004年に買った初めてのパワブク。キーボードは光らない。セミナーで,イベントで,講座で,大学で,専門学校で大活躍。うちでは DVD 再生が主な役目。そして G5 のバックアップ役。

PowerMac G5 Dual 2.3GHz(1G/250G)

2005年7月,自宅に7台目の Mac,やっと G5 デュアル。30インチのシネマ HD ディスプレイとの黄金コンビ実現で怖いモノなし。2011年3月1日,壊れた。

MacBook Pro(15") 2.66GHz(4G/500G)

2009年11月,自宅8台目の Mac は,やっとインテル。クラシック環境とは完全にお別れ。G5 のサブだったけど,G5 が逝ってからは 30インチをつないでメイン環境に。当然デュアル G5 より快適。
戻る