March 13, 2019

High SierraでFlash CS3

仕事ではFlash CS3とAnimate CCを使う。両者を同一のMac OS上にインストールすることは不可能で、共存できない。そこで、2台のMacbook Proを使ってる。High Sierra(10.13)の方にはAnimate CCやFlash CCが、Mavericks(10.9)にはFlash CS3〜CS6が入れてある。ディスプレイは1台なのでケーブルをつなぎ変えて作業している。めんどくさいけどね。ついでに書いておくと、High SierraにJava6を入れてFlash CS6をインストールしたけど、読み込み(Command+R)で一発で落ちるとか不具合いろいろなのでオススメしない。まあ、メインで使うFlash CS3がHigh Sierraにインストールできないことに比べれば上等かもしれないけど。Flash CS3、いっすよ〜、やめられません!

Flash CS3はそもそも10.9までしか対応してないのでそれ以上のOSへのインストールは諦めてた。ところがシカチャン(@Shikachan_tw)は、Sierra(10.12)にインストールしたFlash CS3が起動したって。いーこと聞いた!オレの環境(10.13)でもFlash CS3が使えるかトライしてみるしかない。必要なのはAdobe IDとFlash CS3のシリアル番号。どっちもある!インストール手順は以下から。
このページからAdobe IDでログインし、CS3のシリアル番号を入れると、新しいシリアルキーがもらえる。日本語版のCS3をダウンロードする。(1/2)(2/2)の2つあるけど、(2/2)の方は古いドキュメントなのでなくてもいい。ダウンロードが終わってもブラウザは開いたままに。

「High SierraでFlash CS3」の続きを読む

Posted by A.e.Suck at 09:05 PM
Kindle版
アニメ
作画
背景