October 06, 2018

ジェレミー・ペリンのFlashアニメ

先日、フランス人アニメーターの方とお会いしたんですが、母国ではFlashを使ってたそうです。そういえば劇場作品『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』もFlashだったし。TVPaint の国でも Flash派はまだまだ健在なんだぜ!
Jérémie Périn
フランスで活躍するアニメーション監督のジェレミー・ペリン。彼も Flashアニメーターなのです。しかも彼の作品の多くはアダルト向けの過激な内容。フランスの TVアニメ制作を経てPVを手がけるようになり、映画『ゲンスブールと女たち』(2010)のオープニングや PV『Truckers Delight』で知られることになりました。そして、世界中のFlasherのド肝を抜いたのが DyE の MV『Fantasy』ですよ。

Fantasy (2011)


ね、見たことあるでしょ?この作品はミュージックアニメビデオベスト10に選ばれてます。ジェレミー・ペリンはフランスのSF・ホラー漫画雑誌『メタル・ユルラン』やメビウス、デビッド・クローネンバーグ、ジョン・カーペンター、ルチオ・フルチ、そして大友克洋や押井守の影響を受けてるそうです。アニマティックがこちら。

Mystery Boy (2012)

2012年、mondomedia の短編アニメーション「Merci Satan」の第3話。

LASTMAN (2016)

『ラストマン』はバンド・デシネの TVアニメ化です。フランスの TV局で放送済みです。これは2年前の Kickstarter用日本向けプロモです。

『ラストマン』のメイキングでスタジオが紹介されてました。
作画中ジェレミー・ペリンが作画中。ツールパネルから判断して、Flash CS4〜6 のどれか。筆圧ブラシで描いてます。
作画中彼のスタジオ。こちらは作画部隊。12〜13人くらいかな。あ、手前の女性は CC ですね。
作画中ほら。UI がダークでタイムラインが下。そんなにキャリアは長くないと見た。
作画中こちらは美術セクション、Photoshop で背景描いてます。

「ジェレミー・ペリンのFlashアニメ」の続きを読む

Posted by A.e.Suck at 06:36 PM
Kindle版
アニメ
作画
背景